ファンガクリームを実際に試してみたら思ったより良かった

ファンガクリームを使い始めたきっかけ

カンジダや皮膚炎対策に使っていた薬の代わりになる商品を探してみたところ、「ドクターズチョイスのファンガクリームで良くなった」というような情報を見たので試しに購入してみました。

ファンガクリームについて詳しく確認する

ドクターズチョイスと言えば、天然由来の成分やオーガニック食品を中心にしたサプリメントが多いという印象だったんですが、今では、軟膏や塗り薬なども色々と作られていると知りました。

ファンガクリームも皮膚が弱くて薬の副作用が出やすかったり、使える薬が限られる子供や赤ちゃんなどでも安全に使えるように、天然由来の成分のみで作られているそうです。

ファンガクリームに使われている材料は、ティーツリーオイルやユーカリオイルをはじめ、殺菌、抗炎症、保湿成分、火傷や日焼けの回復にも良い成分など、皮膚の健康を保つ上で効果の高いといわれる天然由来の成分が豊富に含まれている印象があります。

ちなみに、ファンガクリームは、一瓶五千円くらいするのでちょっと高いです。

ただし、この金額を保湿クリームに置き換えて考えると結構高い気がしますが、実際に半年間使ってみるとそこまで高いと感じなくなりました。

その辺の理由などを踏まえながら、レビューしていきたいと思います。

ファンガクリームの中身を確認

まずは中身の確認からです。

ファンガクリームを綿棒に取ってみると、クリームやワックスというよりワセリンに近いような印象を受けました。バターのように表面が硬いような感触だったんですが、綿棒を押し当ててみるとすぐにすくい取ることができます。

ちょっと不思議な感触でした。

硬いけどやわらかい、という感じです。

それだけ、成分が濃縮されているということなのでしょうか。

使い心地は割と良いです

指に取って皮膚に塗ってみたのですが、塗り心地はマイルドでピリピリした感じは一切ありませんが清涼感が結構ありました。

じんわりとスースーした感じが出てきます。

なぜ塗った時にスースーするのか確かめてみたところ、ティーツリーオイルとユーカリオイルが関係しているようです。

メンソレータムのような強烈なスースー感ではないので、使い心地は悪くありません。

どんなに良い薬でも、ベトベト感が酷かったりピリピリしたりすると毎日使うな辛くなると思うので、その点は問題なさそうです。

ティーツリーオイルの殺菌力は強力

ファンガクリームの主成分であるティーツリーオイルと言えば、オーストラリア原産の殺菌作用に優れた常緑植物として、何千年も前から重宝されてきたというのは有名な話ですよね。

ティーツリーオイルは原液でも売られていますが、水虫対策としても用いられる場合は、外用としてティーツリーオイルを10%程度に希釈したものを患部に塗ると、治りが早くなるそうです。

他にも、シラミなどの害虫予防にも有効らしく、シャンプーに混合して使用したり、希釈オイルを髪に直接塗るという方法もあるそうです。

ただし、殺菌力がとても強い為、肌が負けてしまう事もあるので、用途に応じて希釈して使うのが一般的なようです。

少ない量でも結構伸びます

ファンガクリームは、少ない量で結構伸びることに驚きました。

指をこすり合わせてみると、溶けるように伸びます。

実際に使う場合も、少量を指に取って伸ばしてから気になるところに塗るような感じで満遍なく広がるので、量の割に塗れる範囲が広いなと思いました。

何はともあれ、それだけ伸びが良いということは・・・。

そうです。一瓶だけでも十分に長持ちします。

この写真は、購入から半年位続けた後のものですが、まだまだ残ってます。

冒頭で「一瓶五千円くらいするのでちょっと高い」と書きましたが、これだけ長持ちするので、月々の出費で置き換えたら数百円程度です。

一般的な軟膏だと、水っぽかったり、粘りけが強すぎたり、すぐ乾いたりなど良くありますが、ファンガクリームは、少ない量でも伸ばすと抵抗なく広がっていく感じがあります。

もちろん、使用する範囲や塗り方にもよると思いますが、思った以上に長持ちするのでコスパは良いなと感じました。

こだわりの製造方法

ファンガクリームは、殺菌、抗炎症、保湿だったり、他にも、日焼けや火傷のケアに良いと言われる天然成分が11種類も配合されているというだけでなく、水も混ぜられずに作られていると知りました。

細菌類は、繁殖に水分(湿気)が欠かせませんが、ファンガクリームは水分を一切加えずに作られているので、その心配が無いそうです。

小さな瓶に入っている市販の軟膏が五千円くらいで売られていたら高いと感じますが、その中身が水を一切混ぜずに作られているという純度の高いものだとしたら、妥当な金額、もしくは、ちょっと安いくらいに思えるかもしれませんね。

子供から大人まで使える安全性

カンジダ症は、免疫力が低下すると再発しやすいと言われますが、ファンガクリームは、この手の皮膚炎対策にも使う事が出来る軟膏として開発されたそうです。

また、カンジダ症は、年齢性別ごとにいくつかの種類が思い浮かびますが、意外と多いのが子供の亀頭包皮炎だったりしますよね。

ですが、子供のうちから大人と同じ薬を使って良いのか迷う事も有ったりします。

薬の効き目が強すぎて子供に使ったらダメなんてのは、よくある事ですが、ドクターズチョイスのファンガクリームは、赤ちゃんや敏感肌の人でも問題なく使用することができるように作られているという安心感も大きいです。

どのくらい効き目があるかは、実際に使ってみないとわかりませんが、安全性が十分に考えられていて年齢や性別を問わず使うことが出来るとなれば、色々な薬を試してみるよりもとりあえずドクターズチョイスのファンガクリームを利用する価値は、十分にあるのかなと思いました。

赤ちゃんにステロイドは使いたくない

赤ちゃんの体に湿疹が出来て中々治らない場合、ステロイド外用薬を使って炎症を抑える方法がありますが、ステロイドは、副作用も出やすい薬なので、出来れば使いたくないものです。

特に、顔や頸部、要するに首から上に使う場合は、副作用のリスクが高いのでなるべく使わない方が良いと言われています。

そうなると、赤ちゃんの体の自然に治らないブツブツが出来てしまった場合、安全性と効果のバランスを見ながら薬を選ばないといけないので、どれが良いのか、選ぶのはそんなに簡単じゃありませんよね・・・。

その点、ファンガクリームには、殺菌したり炎症を抑えてくれる成分が豊富なだけでなく、それらが天然由来の成分なので、赤ちゃんにも問題なく使えるようです。

ただし、症状によっては、すぐに小児科の先生に診て貰わないとマズイ場合もあると思うので、その辺の判断はちゃんとする事が前提となりますが、赤ちゃんにも安全に使えるという安心感は助かりますね。

切れ痔、やけどなどにも使用可能

切れ痔は、日本人の3人に1人がかかっているというくらい身近で起こりやすいものだそうです。

ファンガクリームは、こうした切り傷などにも使うことが出来るだけでなく保湿作用の高い成分を複数配合されているので、ワセリンの代用にもなります。

実際にワセリンを使っていたこともありますが、ファンガクリームの方がサラサラしすぎていないので、皮膚にしっかり残ってくれているという感じがして良いです。

また、殺菌作用を持つ成分が複数含まれているので、殺菌と保湿を一つで補う事ができます。

それ以外にも、抗炎症作用に優れた成分も複数入っているので、やけどの時にも使うことが出来るそうです。

入手方法

ファンガクリームはドクターズチョイスの直営店から購入することができます。

沢山使いそうな人は、定期購入にして安くするという方法もありますが、初めて購入するなら、まずは一つ買って試してみて、実際に変化を感じたらリピートオーダーするのが一番良いのかなと思います。

ファンガクリームについて詳しく確認する